2011年04月17日

発明の日を記念して特許申請関連の本が割引

日本で最初に特許法が生まれたのは1885年の4月18日であるそうで、これを記念して4月18日は昭和29年から「発明の日」と制定されたそうです。
「4月18日は発明の日」(特許庁ホームページ)
発明の日を記念して、特許庁では知財功労賞を決定しているとのことです。
「平成23年度「知財功労賞」について」(特許庁ホームページ)
知財功労賞としては、経済産業大臣表彰と特許庁長官表彰があるそうです。その区別の意味はよくわかりませんがすばらしいですね。昨年は表彰式が帝国ホテルで行われたようです。

また、発明の日である4月18日を含む1週間は科学技術週間とされているそうです。
「科学技術週間」
科学技術週間は昭和35年2月26日に日本の科学技術の振興を図ることを目的として制定されたとのことです。
今年は4月18日(月)から4月24日(金)までで、第52回目の科学技術週間です。科学技術に関するテーマについて語り合う科学技術週間サイエンスカフェなどが東京、大阪で開催されるようです。

また、発明協会ということろが発明の日記念書籍バザールを開催するそうで、外国などの特許申請に関連したものを含んだ書籍を1割引から4割引で販売するそうです。窓口販売だけではなく通信販売もしてくれるようなので利用しやすいですね。
バザールを利用して、安く本を購入してゴールデンウィークにでも特許申請の勉強に励みたいところです。



posted by tokkyo at 01:44 | 特許申請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。